セールス

欲しくなるスイッチを押させる
情報が氾濫する現在、消費者が商品やサービスを選択する際の情報を、どのようなタイミングでどのような方法でどう伝えるか、それが販売促進の重要な役割だと考えます。商品やサービス、価格が違えば当然販売戦略も異なります。一人一人価値観の異なる消費者がいることを忘れてはいけません。